老老介護で祖父がうつ病に。ケアマネージャーから学んだ接し方

pixta_29341450_S.jpg

ペンネーム:ひかる
性別:女
年齢:25
プロフィール:結婚前、少しの間母と祖父母の介護の為に同居しました。結婚してからは、義父が脳梗塞になり、右半身のマヒと言語障害になりました。家族会議の末、同居しています。

祖母が80歳の頃、認知症になりました。医師に「認知症です」と言われてから進行は早く、あっという間に同居する祖父への負担は増えて行きました。私は遠方に住んでいたため頻繁には会いに行けず、年に3回ほど訪ねるだけでしたが、母が月に数回通ってサポートをしていました。

あるとき母から連絡があり、祖父がうつ病にかかったので一緒に住もうと思うと相談され、私も一緒に住むことになりました。たまにしか会えないものの、会った時はいつも元気で、掃除も毎日こまめにしていた真面目な祖父。ですが、同居してみるとこの真面目な性格が原因で、うつ病にかかってしまったのだと分かってきました。

祖父は、祖母のことを「自分が見なきゃダメだ!」強く思い頑張っていました。
朝の「薬飲んだか?」から始まり、数時間おきにトイレは、異常はないか、食べすぎていないか(祖母は糖尿病も患っていたので)、このご飯は美味しいか、と事細かく祖母に聞いているのです。さらに、祖父の不安はそれだけではありませんでした。先に自分が死んだらどうしよう、悪いニュースを見ると隣で起きていることのようにとらえ心配し、非通知の電話がかかってきたら「詐欺師やぞ!」と警戒したり、防犯対策のため通帳の置場所を定期的に変えては「どこに置いたかな」と探しまわったり・・・。ほんの些細な事でも不安になるのです。

そんな祖父と同居してから、祖父と母は喧嘩が絶えませんでした。母が「お母さんは私が見てるから大丈夫」と言っても、祖父は不安で何度も何度も無事かどうかを聞きに来るのです。私が仲裁に入ってその場の喧嘩はおさまっても、また別の事で喧嘩が始まってしまいます。そして、二人の間にはとうとう会話があまりなくなってしまいました。私がいたら会話はあるのですが、私がいないときは必要最低限の会話しかしないそうなのです。これには困ってしまいました。

 

そんなある日、家にケアマネージャーさんが来られて、祖父は楽しそうに話をしていました。会話に耳をそばだててみると、ケアマネージャーさんは祖父の話をよく聞いていて、特に解決策を言っているわけでもなく、祖父が話す不安に同調するような返答をしていました。母と祖父と私の会話といえば「こうしたら?」「そんな考えなくて良いよ」など解決策を提案したものであって、同調するものではありませんでした。そこで私は、もしかしたら祖父はただ話を聞いて欲しかっただけなのかもしれないとやっと気づいたのです。

 

それから母とも相談し、とりあえず話を聞いて祖父に同調してみようということになりました。実際にしてみるとこれが思ったより難しく、自分の器の小ささが手に取るように分かり、夜に母と反省会をすることもありました。ですが、少しずつ少しずつ喧嘩も減り、会話がある日々に戻りつつあります。

祖父がうつ病と言われて、7年になりますが、未だに完治はしていません。前よりずいぶん不安は少なくなっていますが、やっぱり波があります。でも、祖父の話を聞いて理解者でいるという姿勢を示すことが一番大事という母との共通認識ができたことは、私たちにとって大きな一歩でした。

今私は結婚し祖父宅から離れていますが、たまに母と祖父二人で撮った写真が送られてきます。あんな喧嘩ばっかりだったのになぁ~と二人の関係が改善していることに、安心しています。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP