【漫画】「パートでしょ」と主婦を見下すフルタイム勤務ママ。そのプライドをへし折った意外な相手は

「娘の習い事で知り合ったママ友のSさんは、自分がフルタイムの仕事をしているからと専業主婦の私を見下し、自分の娘の送迎も押しつけてきます。この状況を何とかしたいと思っていたら、娘がやってくれました!」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

現在中学生の娘がいる46歳のパート主婦です。

現在、中3の私の娘は小学校の頃からテニスをしていて、中1からはテニスクラブにも通い本格的にレッスンを受けています。

練習の様子は送迎する際にたまに見学しているのですが、通いだした頃に仲良くなったのが、娘と同い年のA子ちゃんの母親Sさん(40代前半)でした。

Sさんはずっとフルタイムで働いており、キャリアもある女性で、結婚してパートになった私とは大違いです。

仕事も育児も頑張ってすごいなーと密かに尊敬していました。

仕事は定時で終われないこともあるらしく、そういうときには途中で会社を抜けて送迎をすることもあると言います。

助けになればと「忙しいときは娘さんも一緒に送迎するからいつでも声かけてね」と軽い気持ちで私は言いました。

最初は月に1回、そのうち月に2回、と送迎する回数が増えていきました。

子ども同士仲がいいし、家も車で5分くらいの距離なのでいいかと思っていたのです。

でも1年たつ頃にはA子ちゃんの送迎はほぼ100%私の仕事になっていました。

同じテニスクラブの人には、「いくら忙しいからって、図々しいよね」と言われたりもしたんですが、お互い様だしねーと思っていました。

ところがあるとき、私の体調が悪く送迎ができないことがあり、Sさんが送迎できないかなと思い連絡をしたことがあります。

しかしSさんは「何とか行けないかなー? 運転するだけでしょ。休んだらレッスン料がもったいない」と言い、結局その日は同居の義父(70代前半)にお願いして送迎してもらいました。

何だかいいように使われているな...と思っていましたが、まあいいかですませていたんです。

でもある日、A子ちゃんを家まで送ったら、すでにSさんが帰宅していたんです...。

157kansei_005.png157kansei_006.png157kansei_007.png157kansei_008.png

漫画:とんちきくま/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP