【漫画・モラハラ夫の支配】妻に家事を押しつけ、上からダメ出し...って何様? ママ友の夫がうざい

「ママ友Aさんの旦那さんは、自分勝手なルールでAさんを縛り付けるモラハラ夫。金銭面や家事はもちろん、一週間分の献立を提出しろとか、Aさんは笑ってこなしているけど、私なら絶対無理!」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

下の子が幼稚園の頃にママ友になり、今ではよく遊ぶようになったAさん(30代半ば)の話です。

Aさんのご主人は少し年上の40代前半なのですが、なかなか個性的な人で妙な「マイルール」が多いようなんです。

ご主人は亭主関白な雰囲気があり、独身で一人暮らしが長かったため自分で家事は一から十まで何でもできてしまいます。

一方、Aさんは結婚するまで実家暮らしの「お嬢様」タイプのふわっとした人で、家事も全然したことがなかったそう。

そのため結婚前には「花嫁修業してから家に来い」と言われて、何だかドラマみたいだなーと思いながらも、それが普通だと思って結婚したそうです。

家事も料理もできるご主人なので、結婚したあとパートをしていたAさんと家事は分業していました。

私の夫は何もできない人なので、「いいじゃない!」と思ったのですが、実情を聞いて驚きました。

いざ結婚したら、ご主人は全てに口出しする面倒くさい夫だったのです。

洗濯物は仕分けして洗う、これは手洗いをする、干し方はこうと、まるで姑のように一つ一つ指導してきたそうです。

最初の頃は、何度も洗濯物の畳み直しをさせられたと言っています。

食事は主菜以外に、小鉢で何品も出さなくてはいけないし、健康志向の強いご主人に合わせて玄米も炊いているようです。

お弁当も毎日作っていますが、そのお弁当にはおかずの残り物や作り置きの副菜は詰められないようで、お弁当用の料理を早起きして作っているというのです。

結婚当初は「お前の実家は味が濃すぎる!」とダメ出しをされ、落ち込む日々。

洗濯も掃除も料理も、花嫁修業をしてこいと言ったくせに、結局ご主人好みに変えられてしまったみたいです。

22-5.png22-6.png22-7.png

漫画:ようみん/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP