【漫画】「まともな子を産めない嫁」「離婚しろ」と義母に公衆の面前で罵られ...ママ友の苦難

「軽い難聴があることが発覚したママ友Aさんの子ども。Aさんの義母はその責任をAさんになすりつけて離婚を迫ったのですが、そのとき、Aさんの旦那さんがスカッとするひと言を言ってくれました」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードが漫画になりました。この時、あなたならどうしますか?

私は今年53歳の兼業主婦です。

夫(54歳)との間に2人の息子(24歳と19歳)がいます。

これは20年ほど前、私がまだ2人目の子どもを出産したての頃の話です。

産婦人科でよく一緒になるAさんというママ友がいました。

Aさんと私は出産予定日が近く、定期健診のたびに顔を合わせていたので顔なじみとなり、お茶に出かけるような関係になりました。

出産のときも入院期間がかぶり、お互い「元気な赤ちゃんを産もうね!」と励まし合う私たち。

私が出産したすぐあとに、Aさんも産気づいたそうで、子どもの誕生日も1日違いでした。

その後も健診日が重なったりすることが多かったので、そのままママ友として仲良くさせてもらっていました。

しかし、ある日私が息子と一緒に健診に行くと、家族で健診に来ていたAさんたちが騒いでいるではありませんか。

私とAさんが仲がいいことを知っている馴染みの人に何があったのかと聞くと、こそっとAさんの息子さんに難聴があることが発覚したのだと教えてくれました。

そもそも赤ちゃんの様子がおかしいとAさんから相談を受けていた私も、思わず「えっ」となりましたが、様子を窺うとそのことでAさんが取り乱しているわけではありません。

毎日発見ネット2022年1月_021.jpg毎日発見ネット2022年1月_022.jpg毎日発見ネット2022年1月_023.jpg毎日発見ネット2022年1月_024.jpg

漫画:ヤドカリコ/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:ヤドカリコ
Twitter:@yadokarikodayo

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP