【漫画】え!? 着歴が8件? 真冬に「息子が家に入れない」事件の真相は、留守番していた義母が...

「今までは笑ってすませてきた義母のうっかり。しかし、今度は小学生の息子が被害を被ってしまったんです。大事にはいたらなかったけど、少しは周りのことを考えてほしいです」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードが漫画になりました。この時、あなたならどうしますか?

結婚して15年、義母と同居してからは13年。

昔っから忘れっぽく、うっかり屋さんの義母でした。

主人からも、「義母の伝説(笑)」はいろいろ聞かされてきましたが、これまでは笑って過ごせるような内容、そしてやっぱり他人事で聞いていました。

テレビのリモコンどこだっけ? 

車の鍵が入れていた鞄の中にない!

なんてことは日常茶飯事。

「〇〇さん(母の名前)、今日約束してるんだけど、なかなか来ないから電話したんだけど」

夜中に電話がかかってきたとき、当の義母は寝転がってテレビを観て笑っていたこともありました。

認知症とかそういったものではなく、本当に「うっかり」が多いマイペースな義母なのです。

それが...まさか家族に被害が降りかかるとは...しかも笑ってすまされない事件が!

それは、1月のとある日に起こりました。

普段、私も主人も仕事をしているので家を空けることが多いのですが、義母は、今は働いていないため、ほとんど家にこもりっきり。

子どもたちは小学生ですが、今のところ鍵を持たせる必要性がないため、まだ鍵は自分たちで持ち歩くことはしていません。

その日、小学生の息子は1人で歩いて2分ほどの友だちの家に行く予定でした。

息子に鍵を持たせるか考えていたとき、義母がこんな提案をしてくれたんです。

「私がいるからいいわよ。孫が帰って来る時間になるか、チャイムを鳴らせば鍵を開けるから」

それならばと、息子が帰ってくる時間である15時半に、義母に必ず鍵をあけてもらえるよう念押しをしました。

さらに息子が出かける先の保護者の方にもそれを伝え、私も仕事へ、息子もそちらへ出かけていきました。

私の仕事が一段落したのが、16時半。

そこでやっと携帯を見ることができたのですが...。

98_005.jpg98_006.jpg98_007.jpg98_008.jpg

漫画:にーや/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:にーや
Instagram:@yekouhui

コメント一覧

そんなに全ておばあちゃんが悪いのかな?防ぐ方法はいくらでもあったと思うけど。入れなくて可哀想寒くて可哀想、って周りに迷惑かけたのはお義母さんだけだと思っていませんか?
うーん義母だけが悪いって言って聞こえるのは私だけかな… なんかちょっと…上手く言えないけどうーんって感じだな…
私も義母さんひとりが悪いとは思わないなぁ。学年や年齢を理由に、家の合鍵を持たせない親御さんて多いけど、落としたり失くしたりが心配なのでしょうね。わからなくはないけれど、持たせれば注意力も付きます。ウチの娘は、小1から持たせていました。だからといって、親がいない間に友達を連れて来ないなど、いくつかルールを決めました。義母さんもちょっと気の毒に思います。お子さんの親は、あなたがた夫婦です。義母さんに頼らず、お子さんと話し合って、ルールを決めたりして下さい。義母さんを非難してはいけません。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP