【漫画】孫が「お婆ちゃんと一緒にいたい」と泣くけれど...嫁に嫉妬されて板挟みになっています

「学校の作文で『お婆ちゃんが一番好き』と孫が言ってしまったせいで、息子夫婦から『もう預からないでくれ』と言われてしまった私。でも孫は私に会いたいと泣き...もう、どうしたらいいか分かりません」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードが漫画になりました。この時、あなたならどうしますか?

息子夫婦は「共働きなので子どもを預かってほしい」という理由から、我が家と同じ町内に住んでいます。

孫は、小学二年生の女の子。

孫が2歳のときにお嫁さんが職場復帰し、それからは、ほぼ毎日我が家で過ごしていました。

というのも、息子夫婦は保育園のお迎え時間に間に合わず、私が迎えに行き、我が家でお嫁さんを待つ、という生活だったのです。

そして、小学生に入ってからは、授業が終わり次第我が家へ来て、友だちと遊びに出かけたり宿題をしたりし、お嫁さんが帰宅する時間になったら家へ帰るという生活になりました。

息子夫婦にも感謝され、私自身も孫の成長を間近で見せてもらえることに、とても感謝していました。

しかし、最近事情が変わってしまいました。

それは、小学校で孫が書いた「家族についての作文」がきっかけです。

周りの子がお父さんやお母さんを書く中、孫は祖母である私に感謝の気持ちを書いたそうです。

私はその作文を読んでいないので分からないのですが、「お祖母ちゃんが一番好き」とか「お祖母ちゃんに育ててもらった」というような内容が書かれていたということを息子から聞きました。

大切な孫から感謝され、私はただただうれしかったのです。

しかし、本来ならそう言われるのは母親である嫁のはずです。

心配していましたが、その作文について、息子夫婦の家ではひと騒動起こりました。

89kansei_004.png89kansei_005.png

89kansei_006.png

漫画:とんちきくま/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP