【漫画】「ちょっとおバカな天然ワンコ」がお手柄! 義母のピンチを救った亡き愛犬リキの思い出

賢くはなかったけれど、いつも私たち家族を和ませてくれた愛犬リキ。おとぼけな行動ばかりでみんなの笑わせ役だったけれど、そんなリキがヒーローになったこともあったんです
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードが漫画になりました。この時、あなたならどうしますか?

D-4.png

現在旦那の実家で、義父(78歳)、義母(76歳)、旦那(53歳)、息子2人(22歳と17歳)の6人で暮らしている52歳の私。

これはそんな私たち家族の10年ほど前の話です。

私たちは「リキ」という名の犬を飼っていました。

リキは旦那の知人が飼っていた犬の子供で、雑種でしたが見た目は白っぽい柴犬のようなワンコ。

子犬の時に我が家に来て、やんちゃに庭を駆け回るとっても元気な子でした。

また、どんなにしつけても「お手」と「伏せ」を間違えるような天然な子でもありました。

まだ小学生だった子供達は「お母さーん! またリキがゴロンって言ってもお手するのー!」とリキと遊んでは笑いながら、私に報告してくれたものでした。

本当は「お手」「伏せ」「おかわり」「ゴロン」などを聞き分けていたようです。

しかし数分前にお手が出来ていても、ちょっと庭で遊んだ後に「お手!」と言うとするのは「伏せ」。

そして、「どう? また上手くできたでしょ? だからおやつちょうだい」と言わんばかりに舌を出して、しっぽを振りながらキラキラした目でこちらを見てくるのです。

そんなとぼけた姿は家族全員を笑顔にしてくれて、みんながリキを愛おしく思っていました。

特に義母はリキを可愛がっていて、子どもたちが学校やサッカースクールで遅くなるときは、代わりにリキを散歩に連れて行ったり、遊んだりしてくれていました。

義母は嫁の私から見ても穏やかで優しい人で、リキもそんな義母によく懐いていました。

そんなある日、義母が散歩に行くと出ていったきり、暗くなっても帰ってこないことがありました。

その日、リキは動物病院で定期健診を受けていたので、義母はリキを散歩には連れて行っていませんでした。

私たち家族は心配して近所を探しまわりました。

そうこうするうちに夜も更けてきてしまい、警察に電話しようかと話していてときでした。

リキを連れて探しに行っていた子どもたちが、用水路で足を怪我して動けなくなってしまっていた義母を発見したのです。

毎日が発見ネットさま_04.png毎日が発見ネットさま_05.png毎日が発見ネットさま_06.png

漫画:とんちきくま/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP