【漫画】義母の介護を丸投げして偉そうに「しっかりしろよ」!? こんな夫に我慢する必要ありますか?

「倒れた義母の介護を私に押しつけただけでなく、偉そうに指示まで出すようになった夫。一体、私は誰のためにこんなつらい思いをしているのだろう。そう思ったとき、あの言葉が頭にちらつき始めました」

親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードが漫画になりました。この時、あなたならどうしますか?


20代で結婚してから23年が経ち、私も夫も45歳になりました。

夫は新卒で就職した会社に勤め続けており、毎日朝早くから深夜まで仕事で家庭にはいないため、私は妊娠を機に専業主婦になりました。

それからは家事や子育てに追われ、今日まで私なりに必死でやってきました。

毎日忙しくあっという間の23年でしたが、2020年春に3番目の子どもが高校に入学し、私はやっと自分の時間に余裕ができました。

妊娠前は芸術系の講師の仕事をしていたのですが、45歳になった今、まだ出来る事がなにかあるだろうかなど、これからの自分の人生について考えるようになったのです。

そんな矢先の2020年7月のある日、70代の義理の母が脳梗塞で倒れました。

義母は、私たちの自宅から車で30分ほどの距離の夫の実家で、義父と2人で暮らしています。

義母は夜中にお風呂場で倒れていたそうです。

いつもより長くシャワーの音がすることに義父が気付き、お風呂場を覗いた時には義母は浴室の床に倒れていたそうです。

義母は救急車で病院に運ばれ、そのまま入院しました。

夜中のことでしたが私は電話で病院に呼び出され、朝まで付き添いました。

義母は発見が早かったため大きな後遺症は出ずに済みましたが、一カ月に及ぶ入院期間を終えて自宅に戻っても、なかなか元の生活には戻れませんでした。

結局、私は毎日義実家へ行き、義実家の家事や義母の外出の付き添いなどをする生活になり、やっと手に入れた自分の時間はあっという間になくなってしまいました。

私は長男嫁なので、義両親のお世話をすることは覚悟してきました。

でもそれはもう少し先のことのように思っていました。

だからこそ、元気だった義母が突然倒れたことによって生じる負担を、夫が当たり前のように私にすべて押し付けている事に強い不満を感じてしまいます。

倒れたのは自分の母親なのに、夫は義母の体調を気にすることもなく、義母のことは私に丸投げの状態です。

5.png

【続きを読む】

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:なみき
Twitter:@picbirds1

コメント一覧

夫婦はお互いに感謝できなくなったら終わりだと思う。 妻は家の事やりながら 自分の実家のことまでやってくれてるんでしょ? それなのに、ご飯を少し手抜きしたぐらいで文句ってなんだ? 文句があるならもう手伝わない! 週末の休みの時に お前が行って1週間分の家事やってこいよ! って感じになっちゃうよね。 主婦の努力は見えにくい。 見えないものをないものとして扱ってしまったらダメだよ。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.09.11
意義無し!本当にその通り。夫婦だって、家族だって一個人。誰かの所有物ではない。一方的な甘えで思いやりの搾取はあってはならない。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP