人間の本性って...「コロナのマスク買い占め」で思い出した、東日本大震災時の「私の恐怖体験」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:おこめ
性別:女
年齢:45
プロフィール:夫・子供二人・派遣社員只今自粛中。

21.jpg

新型コロナウイルスの影響で、マスクや消毒液の買い占めが起きたニュースを見て、東日本大震災を思い出しました。

その当時、私(35歳)はコンビニエンスストアでパートをしていました。

場所は東京のはずれで、交通は不便ではない場所でしたが、東日本大震災が起きてから物流が途絶えました。

そんな中、お客様が真っ青な顔をして何組も来店されました。

そして開口一番に「水ある?」「ガスボンベある?」「乾電池ある?」と。

品切れと伝えると、何も買わずに帰られました。

世の中で品薄になっていた商品は、もちろんうちのコンビニでも在庫切れです。

「注文はしていますが...搬入されるかはわかりません」

そうお客様に答えると、「搬入は何時なの?」とたくさんのお客様に聞かれました。

続々と焦ってお客様が来店する姿を見て、恐怖を感じました。

「本当はあるんでしょ?」と疑いの目で見られたり、在庫切れと伝えると「納品の時間に来るから教えて!」と怒鳴られたり。

余震が怖いだけでなく、「接客」にも不安な日々を送りました。

忘れられないことがあります。

ある日、お水(500ml・24本入りが3箱)が搬入されたときのことです。

搬入の時間を把握されていた、50代くらいの男性が来店して、そのお水を冷蔵庫に陳列しようとした私達の手を止めて...箱買いしようとしたのです。

その当時、「1人何本」というルールは作られていませんでした。

でも、さすがに3箱しかないのに箱買いは...と思い「他のお客様も来店されるので」と言っってしまった私。

すると、その男性は「そんな決まりないだろ!」と、大声で怒鳴ったのです。

あまりのことに...怖くなって、店長に対応を変わってもらったことを覚えています。

「店員の態度がなってない!」そう、店長に怒鳴って箱買いしていった男性。

みんな困っているのに、自分が良ければそれでいいという精神を垣間見た出来事でした。

また、地震の後は余震もたくさんありました。

震度5や4が多かったです。

地面が揺れ始める前に緊急地震速報が携帯で鳴り、急いで自動ドアを開けっぱなしにしてロックをし、その時買い物しているお客様に「地震です、避難してください」と声を掛けました。

コンビニの棚がガタガタ揺れて、また大きな地震が来たらどうしようと思いました。

お客様も同じ気持ちの方が多いのか、持ってる買い物かごや商品を置き、急いで駐車場まで出てくれました。

でも。地震がおさまるとまた通常通り買い物を続けます。

ですがある日、お客様(男性・40代くらい)が買い物していると震度4強近くの地震がありました。

「地震です!」と声をかけると、その人は満面の笑みでこちらを振り返りました。

そしてそのまま買い物を続けるのです。

もう一度「地震です!」と声をかけると、うんうんと笑顔で頷いて買い物を続ける男性。

何もおっしゃらなかったけど「大丈夫だよ!」って言ってるようでした。

でも、男性が買い物をやめないと私が避難できない......。

自動ドア付近でいつでも逃げられる準備をする私。

そんな中、二度目の地震が来たのでもう一度声をかけると「大丈夫、大丈夫!」と満面の笑み。

私が怖がっていると思ってるんでしょうけど、「私は避難したい! 一緒に死にたくないんです!」と心の中で叫びました。

自分だけよければいいと思っている人、協力的な人、なぜか自分だけは大丈夫と思っている人......非常事態にはその人の本質というか、根っこの部分が見えてくる気がします。

それは、地震でもコロナでも変わらないんでしょうね。

関連の体験記:14歳男子の継母になった私。4年たって突然訪れた...「息子との嬉しい瞬間」/キッチン夫婦(妻)
関連の体験記:家計を握り、私を一切関与させない48歳夫。ある日「残高不足」を知らせるハガキが届いて...
関連の体験記:夫が倒れて働きづめの私。進学を諦め、助けてくれた長女。並んで座った電車での何気ない会話に涙が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

地震です、じゃ何も伝わりませんよ。逃げたいのはあなたなのだから。 お客様のことをおもえば、危険なので避難してください、外に出てください、という言葉がでてくるでしょう。 自分中心では何も伝わりません。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP