父の介護。介護者の私が楽になる、兄とした取り決め

4.jpg

ペンネーム:あめゆじゅ
性別:女
年齢:54
プロフィール:昨年の秋に認知症でパーキンソン病の父(85歳)を呼び寄せ、親子三代で暮らしています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

親の介護は、一人っ子の方がなんでも決められるし、割り切って考えられるので気が楽だと年上の方から聞いたことがあります。

一方、私は一つ違いの兄と自分の二人きょうだいです。

独り暮らしをしていた父の認知症の症状に気付いて、一緒に暮らすために呼び寄せたのは妹の私。もし、兄が父を引き取ることになったら、お世話をするのはきっと仕事をしていない兄のお嫁さんだったでしょう。

昨日できなかったことが今日できるのが子どもなら、昨日できていたことが今日できなくなるのがお年寄りです。赤ちゃんに戻っていくのですから、時にはシモの世話もあります。私は近くに住む姑の介護をしていたので、歩けていても漏らしたりすることがあるのを知っていました。それで、姑ならまだしも、舅のシモの世話をお嫁さんがするのは、あまりにも気の毒だと考えたのです。

 

私たちは、父とともに3人で、引っ越しを終えた日に取り決めをしました。父の年金を使って面倒をみること、それでも足りないようなら兄からも金銭的な援助をすること、私が楽になるためなら父の預金を下ろして使っても構わないこと、また、兄が長期の休みの時は兄の家で父を預かること。父が兄の家に行くときには、最寄り駅までの送り迎えをすることなど。

父は認知症を伴ったパーキンソン病で、その上ひどい頻尿ですから、はた目にはわからない苦労があります。日ごと認知症の症状も進んでいるので、兄としてはさぞ、会うたびに悪くなっているように見えたことでしょう。父と数日間過ごすだけでも、私の苦労を強く感じたそうです。

 

介護は一人で背負うには重いものです。転倒して救急車で運ばれたり、熱を出してわけがわからないことを言ったり、時には病院で思いもかけない病気が見つかって重大な判断を迫られたりします。

普段の生活では、いまだにトイレの場所が覚えられない、ひとりで着替えられない、入れ歯が入れられない、オシッコを漏らすことだってたびたびあります。その苦労がたとえ一部であっても、兄と共有できるだけで主たる介護者である私の気持ちは少し楽になります。

介護をするうえで、きょうだいの役割分担や取り決めは大事だと感じました。離れて暮らしていても、自分には何ができるか考え、連絡をくれるだけも嬉しいものです。きょうだいが応分に介護負担をしてくれれば、もう少し頑張ろうかなと思えてきます。

 

今、兄ができることは、年に数回、父を預かることだけです。兄に対して、もっと父を連れ出して欲しいとか、相撲を国技館で観させてあげて欲しいとか、欲を言い出したらきりがないのですが、仕事が忙しいなりにも父を預かってくれるだけで、私としては精神的にかなり救われています。父を私がみることで兄にはいつも感謝されていますが、感謝してくれる兄にも、私は感謝しています。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP