55歳独身。やってみると意外に楽しい「エンディングノート」作り

pixta_31584999_S.jpg

ペンネーム:みすず
性別:女
年齢:55
プロフィール:私は、55歳独身。87歳の母との2人暮らしです。今、私はエンディングノートを作成中です。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

去年、母が大病をして1年近くの入院生活を余儀なくされました。これをきっかけに、いろんなことを考えさせられました。
仕事ばかりで精一杯だったところに、母の突然の入院。私は今まで母に頼り切りだったので何も分かりません。母の病気の心配はもちろんでしたが、もしものことがあったら葬儀はどうしよう、1人になったらどうしようと、悪いことばかり考えてしまっていました。

私は結婚したことがなく、子供もいません。母がいなくなったら1人になります。私は死ぬまで元気に働きたいし、好きなこともやりたい。でもそう思う反面、いつ病気になるか、身体が不自由になるか、あるいは認知症になるかも分かりません。そして必ずいつかは亡くなることでしょう。そんな時は、7歳上の兄か4歳上の姉、もしかしたら、タイミングによっては甥か姪にまで面倒をかけることになるかもしれません。


その時私は、以前テレビ番組で見たエンディングノートのことを思い出しました。せめて、エンディングノートに、病気や認知症になった時にして欲しいこと、死後の対応などを記しておくことで、後の人に余計な負担を与えることなく、スムーズに対応してもらえるのではないかと思ったのです。そこで私は、エンディングノートを作成しはじめました。

100円ショップでB5サイズの穴あきのクリアファイルと穴あきの用紙を買ってきて、パソコンで文面を作成し、印刷してファイルに閉じることにしました。このタイプにした理由は、いつも新しい情報にしておくために、差し替えができるように。エンディングノートの内容もその時の状況、その時代で変わるものだと思ったからです。そして、人が見やすいように、インデックスを使って項目別に分けることにしました。とりあえず、資産と葬儀とその他に大きく分け、その中にも小分け項目を作るなど。

資産といってもそれほどありませんが、預貯金の銀行名と口座番号の一覧、加入している生命保険の一覧、投資の口座と内容、また、今持っているローンのこと。改めて一覧にしてみると今の自分の現状も把握できるものです。次に葬儀について、互助会の会員になっているので、簡単な家庭葬で必要な金額の費用を準備している内容、知らせてほしい人の一覧。その他の所には、持ち物で価値のある物をピックアップし、売ればお金になることなどを表記。カラフルに花などのイラストも入れました。
エンディングノートというと、何か悲しい響きを感じていたのですが、作成しはじめるといろいろなことに気づき、段々と楽しくなってきました。

今後は項目も増やし、病気のことや介護が必要になった時の施設などのことも考えておかないと。後の方の負担を最小限にする目的で作成をはじめたエンディングノートですが、未来の自分にどう備えるべきかを改めて具体的に考えさせられるいい機会にもなっています。また、なるべく迷惑掛けたくないと思うと、いつまでも健康に元気で暮らすことが一番。最近健康についても考えるようになり、今は食生活に興味をもつようになりました。

普段忙しく、兄姉、甥姪ともゆっくり話す機会もありません。特にもしものことがあったらなんて話になることもありません。兄一家は遠方に暮らしているので、姉の長女である信頼できる姪と少しずつコミュニケーションをとりながら、エンディングノートの存在を話し、もしものことのお願いをしようと思っています。

関連記事:人気精神科医が伝授する「ひとり暮らしを楽しむ準備」(1)年1回「エンディングノート」を書きましょう

◇◇◇

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
PAGE TOP