「うちはセクハラOKだから」だって!? 30代トップ営業マンの「ありえない発言」にイラッ【漫画】

「実力主義の会社。聞こえはいいですが、下手をすると『成績が良ければ何をしてもOK』となりかねないことを、実体験として知っています。かつて私が働いていた会社には、セクハラモラハラ三昧でも、成績優秀だったため許されていた社員がいました。しかし、あるきっかけで彼は失脚し、私はそれに関係する一連の出来事の中で、会社への信用をなくしました」

親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードを、過去の人気記事をもとにして漫画で再構成しました。この時、あなたならどうしますか?

「うちはセクハラOKだから」だって!? 30代トップ営業マンの「ありえない発言」にイラッ【漫画】 282_001.png

「うちはセクハラOKだから」だって!? 30代トップ営業マンの「ありえない発言」にイラッ【漫画】 282_002.png

しかし、異例の速さで係長に昇進した頃からハラスメントがエスカレートし、女性だけでなく若い男性社員にも魔の手が伸びました。

宴席を盛り上げる名目で部下の男性社員同士にキスさせたり、脱いで踊るように命令したなどといううわさも耳にしました。

上司に対しての敬意もなくなっていき、上司がいないところでは「うすらぼけ社長」「役立たずの営業本部長」など言いたい放題。

その男性が係長になって半年くらい経過した頃に開かれた、全社員が集まって会社の売り上げについて話し合う会議でのことです。

その席で、係長は営業本部長に「仕事してくれよ」と発言。

歯止めがきかなくなったのか、最終的に机を殴りつけて「お前ら(社長など上層部)無駄金ばかり使いやがって! 俺らが稼いでもどんどん消えていくじゃねぇか」と、大声で怒鳴りつけてしまったのです。

その会議の1週間後、上層部と係長が会議室にこもることが頻繁にありました。

密室で、係長は会社を辞めるよう説得されていたようです。

ときどき怒鳴り声も漏れてくるので暴力沙汰にならないか心配していましたが、結局、係長は会社を辞めることになりました。

家を買い、子どもが産まれたばかりなので、辞めたくなかったようですが...。

女性社員にセクハラ発言しても営業成績が良ければ目をつむるけれど、全社員の面前で上層部を怒鳴るのは許されなかったようです。

言い換えれば、女性社員に対する扱いはその程度かと...私の会社に対する忠誠心はその件で低下してしまいました。

漫画:FJosa/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP