荷物が多すぎる...!38年暮らした家を引き払い、高齢母と新居へ

17-pixta_28739689_S.jpg

ペンネーム:みすず
性別:女
年齢:55
プロフィール:55歳独身で87歳の母との2人暮らしです。去年の12月に38年住んだ家から引っ越しました。毎日快適な生活を送っていますが、それまでには大変な引越し劇がありました。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

去年の12月、青春時代から38年間暮らしてきた思い出のつまった家から、今の新居に引越しをしてきました。前の家も借家であり、6畳3部屋と3畳1部屋続きのいずれも和室の部屋と、キッチンが別の木造平屋でした。築約70年の古い建物で、ベニヤ板の天井は剥がれ、キッチンやトイレの床は落ち掛け、所々の天井からは雨漏り。いつ倒れてもおかしくない位の家でした。しかし、毎日仕事が忙しい私にとっては、ただ寝るためだけにある家だったので、なかなか引越しに踏み切れなかったものでした。しかし、2つの事件がそんな私の気持ちを変えるきっかけとなりました。


まず、1つ目は熊本の大震災でした。私の住んでいる地域は、熊本程の酷い震度ではなかったものの、震度4強と5弱の連日の揺れで、家が倒壊してしまうのではないかと恐怖に震えました。さらに震度4の余震が10日間続き、夜眠ることが出来ませんでした。

そして2つ目は、大震災から1カ月後の母の1年近くの長期の入院でした。古い家なので、ドアを容易に壊すことができ、どこからでも不審者が入れ、1人で寝るには怖い家でもありました。当時、近辺では、空き巣被害にあった家もあり、不審者がウロウロしていると言う噂もあったので、安心して眠る事もできませんでした。さらに、トイレが和式だったので、退院して帰ってきた母には、洋式のトイレでないととても生活が難しいという点もありました。

5月に入院した母の容態が落ち着いた10月から引越しをしようと、まずは物件探しからはじめました。以前から母は、同じ町での一軒家希望でしたので、母の希望の条件で探そうと思いましたが、地元の2件の不動産をあたっても同じ町に一軒家の物件はなく、あっても家賃が私の予算にはとても合わないものでした。そこで、私は今回のように母の入院のようなアクシデントで1人になっても安心して住める立地を条件にしようと思いました。

前の家は、どちらかと言うと中心街から約12㎞離れた田舎町でした。そこで、同じ町から範囲を広げ市内で、2LDKのアパートで母がいるので1階、家賃は約6万程度の条件で不動産会社にリクエストしました。

1件目の不動産屋では、同じ町で3LDKの6万位の家賃。間取りは、申し分なかったのですが、すぐそばに線路があり、騒音など環境的には少し不安がありました。

2件目の不動産屋では、どちらかというと市内中心部に近い所で3件の物件を紹介してもらいました。その中の1件が気に入ったので、そこで前向きに検討しようと病院の母に相談に行ったのですが、母は「貴方が決める所ならどこでもいいよ」とあまり興味がないような気がしました。

ここにしようと決断したと同時に不動産屋から、その物件は他の方と契約したとのこと。とても残念でしたが、仕方がないと諦め、3件目の不動産で、4件紹介してもらいました。

その中の1件で、立地条件から間取りまで気にいったので、先日の失敗がない様に、すぐに決めました。

決めた物件は、大型ショッピングセンターには歩いて行ける距離で、市内の中心部には、車で10分と立地条件は抜群。間取りは12畳の広さのリビングダイニングに6畳和室の1部屋と6畳洋室の1部屋の2LDK。洋室には、別に2畳ほどの納戸が設置されています。お風呂には窓もあり、浴槽の壁際には手すりも設置され、上り口も段差がないので、母が退院しても快適に生活が出来ます。

契約もすみ、11月15日から入居できると決まり、今度は引越しの段取りです。まずは、荷物の整理と処分を考えることになりました。昔の人は、物を取っておく癖があるといいますが、母ももれなくその一人で、物が捨てられない人でした。

狭い家の中には、押入れからタンス、物置まで荷物がぎっしり、さらに3畳の部屋は物置状態でもありました。11月15日から、忙しい仕事の合間に荷物を段ボールや黒のゴミ袋に入れ、少しずつ自分の車で20分掛かる新居に運ぶことにしました。

しかし、なかなか荷物が多すぎて時間ばかりが過ぎ、思うようにはかどりません。12月の中旬に荷物の処分を業者に頼みましたが、いるものと要らない物を仕分けしながら、処分するものはトラックに乗せ、必要なものは一ヶ所に寄せる作業。

どこもここも荷物ばかり、私達の小さい頃の洋服からお雛様、子供の節句の道具、古新聞、スーパーの袋、卵の入っていたパックまで綺麗に箱に入っていました。貰い物の食器やタオルなどは使われないまましまわれたりと、なんでも綺麗にしまっておく母。家具から食器、布団、服などなど、業者の人の協力を得て埃まみれになりながら、3日間掛けて荷物の処分が終わりました。

新居へは、大きな荷物としては、整理箪笥2つと冷蔵庫と洗濯機、テレビのみを会社の人に運んでもらいました。後の荷物は、少しずつ毎日10日掛けて自分の車で運びました。

次に家具屋やホームセンターに行き、新居のためにソファと炬燵式のテーブル、食器棚、仕事用のデスクと整理ダンス1つ、照明、ガスコンロ、炊飯ジャー、掃除機、そして仏壇を購入。食器類は、母が人にもらって使わずになおしておいた物を使用しました。

12月10日から新居で寝泊まりをはじめ、全ての荷物を運び終えたのは、1月末までした。家の荷物のすべての処分に30万円掛かり、新居のための家賃や家具、電化製品、仏壇などの購入含め、150万位掛かっています。

業者の方にはいろいろ協力をしてもらいながら、一人で引越しを成し遂げた達成感はありました。新居は、治安も良好で、倒壊の心配もなくなり、毎日が快適です。もっと早く引越しすべきだったと後悔しています。また、今回の事での大きな教訓は、要らない物は常日頃からこまめに処分することです。

◇◇◇

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP