【漫画】ああ、結婚式の準備で「失言」...花嫁への禁断の一言で、22年間も後悔することになるとは

「一度口から出てしまった言葉は引っ込められない。本当にそうですよね。私は結婚式の準備のとき、妻に言ってしまった何気ない一言のせいで、20年以上たった今も、妻から事あるごとに責められています」
親や夫、子ども、友人に職場の同僚、ご近所さん...。アラフィフ女性を中心に、みなさんから寄せられた人間関係の「モヤモヤ」「スカッと」「泣ける」実体験エピソードが漫画になりました。この時、あなたならどうしますか?

#103-1 2.png#103-2 2.png#103-3 2.png#103-4.png

妻が事前に選んでいた衣装を着た姿を見て、無理をしてでも来て良かったと思いました。

しかし妻は、イメージと違ったようで、どうしても変更したいと言い始めました。

一生に一度のことですし、私も同意したのですが、予定外に時間がかかってしまい、妻が衣装を着直して出てきたのは、会社に戻らないといけない時間の直前になっていました。

焦って少しイライラしていた私は、妻の花嫁姿を見て「綺麗だよ」と言った後に思わず「待たされちゃったけどね」と余計な一言を口走ってしまったのです。

それを聞いた妻は今まで見たことがないような凍てついた表情になっていました。

私は「しまった」と思い、慌てて謝ったものの、後の祭り...。

花嫁姿を見た第一声が「待たされた」とは許せない、と妻の怒りは結婚後もしばらくは収まりませんでした。

そして、今でもテレビで花嫁のドレス姿が写ると「私なんか『待たされた』としか言われなかったからね」と、今でも恨みたっぷりの口調で言われてしまいます。

自分で招いてしまったこととはいえ、何気なく言ってしまった一言がこんなに尾を引いてしまうとは...と後悔の気持ちでいっぱいです。

漫画:佐々木ひさ枝/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

漫画:佐々木ひさ枝
Facebook:佐々木ひさ枝

コメント一覧

繁忙期?なのに半休取ってくれたのは嬉しいけどなぁ、、、 職場の方も理解あるし。 そもそも、自分が体調崩して招いた事だから感謝してもいいくらい。 時間ギリギリだよね、あとは大丈夫だから仕事行って!ありがとう!位言われないと悲し過ぎないか? (私は女です)
え、それまで面倒な準備を押し付けていたくせに?一緒に打ち合わせ行くのをずっと待たされていたのは奥さんなのに?奥さんが根に持っているのは、その一言ではなく、それまでの積み重ねでしょうね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP