【漫画・嫁姑問題】義母が新婚夫婦の寝室を「ガチャ」。嫉妬にまみれた義母の「嫌がらせ」は深刻化...

「私と夫は出会って2カ月で結婚、いわゆるスピード婚というやつです。みなが驚きつつも祝福する中、最後まで冷たい態度をとっていたのが義母でした。急に結婚を決めたことを怒っているのかな?なんて呑気に構えていましたが、それがまさか息子を奪った私への嫉妬だったとは...10年以上も続く嫁姑バトルの発端、聞いてください」

みなさんの実体験を漫画にした人気記事を、今回は再構成してお届けします。

【漫画・嫁姑問題】義母が新婚夫婦の寝室を「ガチャ」。嫉妬にまみれた義母の「嫌がらせ」は深刻化... 9-1.png

周りの人は、あまりに早すぎる展開で少し心配もしていたかもしれません。

ですが話はトントン進み結納、入籍、式の日取りもあっという間に決まりました。

みんなが祝福してくれる中、いつも水を差すような発言や行動をしていたのは、義母(当時56歳)でした。

結納は普通、結納金の額を両家で話し合い、新郎側が新婦側に嫁入りの支度金として渡すことが主流です。

【漫画・嫁姑問題】義母が新婚夫婦の寝室を「ガチャ」。嫉妬にまみれた義母の「嫌がらせ」は深刻化... 9-3.png

当時の義母からすれば、私は可愛い息子を自分から奪う敵にしか見えなかったのでしょう。

義父とお見合いで結婚し、苦労も多い長男の嫁だった義母。

夫婦仲が悪く、会話も本当に必要最低限しかありません。

そのせいか息子に何でも相談し、息子を誰より頼りにしていました。

そんな状況でしたので、いきなり結婚すると言われてかなり戸惑っていたのだろう、と思っていました。

なんやかんやありつつ無事結婚式を挙げ、1年経たないうちに妊娠が分かりました。

【漫画・嫁姑問題】義母が新婚夫婦の寝室を「ガチャ」。嫉妬にまみれた義母の「嫌がらせ」は深刻化... 9-5.png

すると、すぐに義母が追いかけてきたのです。

「お客さんがいるのにどこへ行くのか?」

すごい剣幕でまくしたててきました。

タバコは母子共に良くない、と夫が説明すると、私をギロリと睨みつけました。

いつでも悪者は嫁なのです。

何より閉口したのは、夫の祖父が急死したときです。

お通夜の為、夫の実家にはじめて泊まりました。

【漫画・嫁姑問題】義母が新婚夫婦の寝室を「ガチャ」。嫉妬にまみれた義母の「嫌がらせ」は深刻化... 9-7.png

今こうして思い返してみると何だか怖いですね...。

嫉妬に狂っていたとしか言いようがないと思います。

そんなこんなで10年が経って、孫も2人できたことで、異常な執着を見せていた義母もようやく落ち着いてきたようにも感じます。

ですが、やはり嫁である私にはことあるごとに嫌味や意地悪をしかけてきます。

まあこちらも10年経てば図太くなりますし、パターンも読めてきますが...。

それに私にも息子ができたので、義母の気持ちに少し寄り添うことも大事かな...と、昔では思いもよらなかったことも考えるようになりました。

こんな調子で、義母との付き合いはまだまだ続きそうです。

【おすすめ】「その暴言と態度がムリなんです!」無神経な義母への立腹エピソード【漫画・信じられない義母の言動】

【おすすめ】文句ばかりの「ネチネチ義母」に限界! 不満をぶちまけると「意外な結末」に...【漫画・嫁姑問題】

漫画:ようみん/原案:「毎日が発見ネット」みなさんの体験記

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP